IPアドレス分散SEO対策の方法

IPアドレス分散SEO対策の検証データ・3

こちらのデータは被リンク用MTサイトの順位変動になります。ystのエイジングフィルタが解除されたのかアルゴリズム変化によるものなのかは不明ですが、新規立ち上げ後、3ヶ月経過してやっとyahooに顔をだしました。

 

さて、企画タイトルです。

 

被リンク用の独自ドメインMTが、記事自動生成投稿ツール活用ブログ・MTによる自作自演IPアドレス分散SEO対策により、サイトタイトルでどれだけ検索エンジンで上位表示できるか。

月間検索数が「?」のキーワードのサイト企画

順位上昇グラフ 2008.3.25現在 google1位 グーグルINDEX数122万件

2007.11末にアップロード
IPアドレス分散によるSEO対策の方法について解説しています。

 

 

被リンク数の推移グラフ 重複50 重複なし13

IPアドレス分散によるSEO対策の方法について解説しています。

 

 

本サイト仕込み状況

  • サイト形態

    MT/ムーバブルタイプver.3,35

  • ホスティング

    xrea

  • ドメイン

    独自ドメイン(マルチドメイン下で展開)

  • サイト構築

    MTへの自動投稿ツール使用

  • 記事

    自動生成

  • ページ数

    50ページ 自動構築 日次更新

  • 被リンク

    記事自動投稿ツールで更新した被リンク用のブログとMT

解説

こちらもゆっくりと自作自演の被リンクをつけてますが、なんせ収益サイトではないので手抜きです。被リンク数が急激に上がるポイントは(前2サイトも)、これは内部ページが一気にINDEXされたもので、重複無し被リンクは現在たったの13件で1位です。(グーグルインデックス数122万件)

 

これは、被リンク用サイトを記事自動作成投稿ツールで更新し発リンクしあっただけなんですが、一般的なSEO極低難易度の複合キーワードをサイト名にし発リンク時のアンカーテキストに盛り込んでも、簡単に上位表示できてしまうことが予測されます。

 

また付帯価値として、独自ドメインで被リンク元サイトを展開していくとgoogleページランクが0や1になったりもします。独自ドメインMTを複数展開して、のちのちに収益サイトへと作り直すことが有益な使い方の一つにもなります。

 

具体的には、エイジングフィルタ解除までそのサイトを衛星サイトと寝かせておき、ドメイン自体を育てておくということです。

 

さて、少ないながら検証データを提示させていただきましたが、次は私なりのIPアドレス分散SEO対策の結論を提示してみたいと思います。

 

 

IPアドレス分散SEO対策、検証データからの結論へ

 

広告と設置リンクをもっとも簡単に管理する方法とは?

 

ホントは教えたくなかった記事を最安値で外注する方法

 

万能サイト作成ツール最新版

全デバイス(PCサイト、スマホサイト、モバイルサイト)対応(上位版)

テンプレ多数、会社サイトからアフィリサイト、衛星サイトまで完全カバー!

被リンク自動獲得機能、ソーシャルブックマーク自動登録機能、リンク集自動登録機能が掲載(上位版)

使い勝手最高、使用法は無限大!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」