IPアドレス分散SEO対策の方法

IPアドレス分散SEOの実際

実際にやってみるとわかりますが、IPアドレス分散を活用した強力なSEO対策の方法論を展開する場合、かなり戦略的な準備が必要です。

 

作業量も多くなり、きちんとタスクを把握していないと、保有サイトが増えてきたときに管理しきれなくなり、効果の検証も難しくなってきます。

 

ここでは実際の流れに沿って、作業がしやすく、かつ結果が出やすいように解説していきます。

IPアドレス分散の設計

まず基本サイトの目的とSEOキーワード設定を明確にし、どのタイプのサイトを構築するか決めます。

 

じっくりとキーワード、アドセンス単価、アフィリエイト商材を吟味し、SEO競合レベルの精査もしておきます。

 

おぼろげながら基本サイトのイメージがわいたら、サーバーを確保しますが、独自ドメインなのかサーバー側のサブドメインなのかもイメージしておきます。今後の拡大展開を考えて、デフォルトのサブドメインの力が強いところ、マルチドメイン展開が可能なところという部分で、xrea、さくらサーバーをまずオススメします。

 

あまり知られていませんが、xreaのサブドメイン、「xrea.com」と、さくらサーバーの「sakura.ne.jp」はかなりのドメインパワーがありますので、アフィリサイト・アドセンスサイトにしてもいいですし、衛星サイトとして力を持たせるのは有益なつかいかたです。

 

このあたりのドメインパワーのノウハウについては後述しますので参考にしてみてください。

 

既に独自ドメインでなんらかのサイトを展開中の場合は、セカンドディレクトリでの運用も視野に入れます。これは、インデックスされやすく、クローラーも巡回しやすいためです。でセカンドディレクトリとは…

 

 

http://www.○○○.net/△△△/

 

の△△△でフォルダ化してサイトを構築することです。

 

 

独自ドメインの「ドメインエイジ」やトラストランク、被リンク数、インデックスページ数が多く、ある程度のSEO上位表示ができていれば、セカンドディレクトリはかなり有利になります。

 

これは新規サイトの成果を速く見込む場合に用いる手法です。じっくりと時間をかけコンテンツを仕上げ、じっくりとSEOを狙う場合は新規ドメインのほうがよいでしょう。

 

さて、コンセプトがきまったら、アドセンスにするのかなんらかのアフィリエイトにするのか、被リンク用ヤフカテ登録のコンテンツ重視のサイトにするのかでサイト構築手法も変わってきますのでよく検討しましょう。

 

この部分がクリーンになったら、被リンク用のサイトを構築していきます。

 

ブログ更新ツールであれば、推奨ブログだけでもある程度の被リンク増=SEOに有効なIPアドレスの分散になりますが、できればレンタルサーバースペースへMTを設置して、そこからの発リンクも行いましょう。そのサイトが多ければ多いほど、時間経過とともにSEO効果が高まっていきます。

 

MTインストールは、サーバー名と合わせた検索語「xrea MT設置」などで検索すると、わかりやすく解説したサイトがいくつか見つかりますので参考にしましょう。

被リンク用サイトの構築

私の実践検証の趣旨として、ツール多様の効率化がまずありますので、被リンクサイトの構築運用もできるだけツールを活用して効率化していきます。

 

先のツールリストの一つを使いますが、このことによってまず「無料ASPブログ」を相当数確保できます。発売当時にくらべASPサイドのいくつかの規制が入り現在は以下のASPで自動投稿が可能です。

 

  • seesaa
  • さくらのブログ
  • DTI
  • FC2
  • ココログ
  • JUGEM

 

以上6つのASPになりますが、seesaa、JUGEMは登録メールアドレスを新規取得〜新規アカウントをとればクラスCが分散されたサーバースペースでのレンタルが受けられるので効率的に取得できます。

 

取得したブログのIPアドレスを見るにはこのサイトが使えます。

 

IPアドレス−ホスト名変換/Whois検索/RBLチェック/ページランクチェック

 

上から二段目の「ホスト名変換」の項目に「http://」を削除したアドレスを入力することでIPアドレスを見ることが出来ます。

 

さて、さきのツールでブログのIP分散が可能ですが、設定方法はツールのマニュアルに譲るとして、生成される記事は複数記事のマッシュアップ(混ぜたもの)なので注意が必要です。

 

被リンク用サイトは閲覧〜アクセス誘導は必要ないので、マッシュアップの記事でも問題ないのです。このあたりは勘違いせず、割り切って使用します。

 

実際、ブログだけの被リンク数では足りないので、他の施策も実施することになりますが、次にそれを見てみましょう。

 

 

ブログ以外のIP分散被リンクへ

 

広告と設置リンクをもっとも簡単に管理する方法とは?

 

ホントは教えたくなかった記事を最安値で外注する方法

 

万能サイト作成ツール最新版

全デバイス(PCサイト、スマホサイト、モバイルサイト)対応(上位版)

テンプレ多数、会社サイトからアフィリサイト、衛星サイトまで完全カバー!

被リンク自動獲得機能、ソーシャルブックマーク自動登録機能、リンク集自動登録機能が掲載(上位版)

使い勝手最高、使用法は無限大!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」