IPアドレス分散SEO対策の方法

IPアドレス分散に至る経緯

余談ですが、私は法人向けウェブコンサルティングを生業としておりまして、包括的集客戦略の企画立案及び社内担当者育成をしております。

 

SEOに関しては独自での実践検証の他、様々な無料有料情報を取り入れながらその効果を実際に精査し、クライアントへの成果向上へ役立てていました。

 

そんな中、SEO・アフィリエイト業界で有名・著名な方のノウハウを垣間見る機会を得られました。そこには、今までのSEOとは一線を画した手法に満ち溢れていました。(今回の企画のほとんどはこれらのノウハウの一部を基にしています。)

 

彼らはアフィリエイト収入が年間数千万?億?レベルの国内屈指のトップアフィリエイターで、自身で莫大な量の実験、実践検証しておられビックキーワードでの上位表示サイトも多数お持ちでそういった経緯から既存のもの(書籍レベル)、ネットの無料情報レベルでは得られない情報を多数もっているわけです。

 

ここからは、私が持っているSEO対策に効果的な情報、無料で出来るIPアドレス分散SEO対策の方法とあわせ、他では手に入れることの出来ないレアな情報と、とても便利なSEO対策ツールに関して掘り下げてみます。

 

業界初・IPアドレス分散理論

現在は、この手法は基本中の基本として既に認知されており(月収7桁のアフィリエイターたちは既に実践していたと思いますが)、これを知らないでSEOはかけられない状況にきています。

 

一年前あたりからyahooのアルゴリズム変化の期間が短くなり(いまは3ヶ月程度、もしくはそれより短い期間で進化)、googleにおいてはリンク売買のスパム判定が厳しくなってきたのはみなさんの良く知るところでしょう。一部の大手サイトのページランクが一気に落ちたとか巷で騒がれてます。

 

また、周知レベルのSEO背策が知れ渡り、担当者・実施者スキルの底上げは想像以上に起きており、よって検索表示1ページ目の特等席である10位に入るため、あらゆるキーワードで熾烈な戦いが繰り広げられているようです。

 

話を戻しますが、既存のSEO手法である相互リンクなどは、このIPアドレス分散の最たるもので、正直なところ「SEOは相互リンク相互リンク!」いっていた方たちはIPアドレスうんぬんの効果は差ほど認識していなかったでしょう。

 

なぜ相互リンクするのか?なぜブログ量産?ソーシャルブックマークにしてもyomiサーチにしても、突き詰めてみれば「被リンクのIPアドレスを分散させるため」なわけで、もちろん既存のSEOでも問題ないのですが、視点をIPアドレス分散に集中させると、今までの手法と異なった手法あたらな手法、効率的なSEO対策の方法がみえてくるわけなんですね。

 

業界初・IPアドレス分散理論

全ての分散による効果

分散の各論とは、様々な要素の分散について、ということになります。

 

時間の分散

    発リンクの時間の分散、サイト新規アップ時期の分散

 

空間の分散

    レンタルサーバー、ブログASPなどの、サーバースペースの分散

 

サイトの分散

    ブログ・MT・HTMLサイトを程よく分散させて満遍なく被リンクさせる

 

が基本なわけです。これらの要素にIPアドレスクラスCの分散を織り交ぜます。

 

この部分が見えてくると、おのずとSEOそのものに対してのスキルがあがり、調査→対策→実践→検証の上昇スパイラルに乗れます。

 

よって、特定のキーワードで上位表示が可能になるということです。

 

いわゆる磁場のかかっているキーワード、ヤフーカテゴリの威力、ハブサイト、トラストランク、ページランク、テキストマッチング、コンテンツマッチング、ドメインエイジなど様々な重要な要因がありますが、私が今回提示したデータは「IPアドレスの分散」をその根底に置きある程度の結果を出してきました。

 

いろいろなSEOツールやノウハウが販売されていますので、独力でちからをつけ結果を出すこともある程度可能な現状があります。

 

 

IPアドレス分散の基本へ

 

広告と設置リンクをもっとも簡単に管理する方法とは?

 

ホントは教えたくなかった記事を最安値で外注する方法

 

万能サイト作成ツール最新版

全デバイス(PCサイト、スマホサイト、モバイルサイト)対応(上位版)

テンプレ多数、会社サイトからアフィリサイト、衛星サイトまで完全カバー!

被リンク自動獲得機能、ソーシャルブックマーク自動登録機能、リンク集自動登録機能が掲載(上位版)

使い勝手最高、使用法は無限大!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」