IPアドレス分散SEO対策の方法

HTMLソースによるSEO

ここ最近ではHTMLソースによるSEO、いわゆるW3C(ワールドワイドウェブコンソーシアム)が推奨するソース準拠のいかんで、SEOに効くのか効かないの議論があります。

 

間違ったソースを記載すると検索エンジンロボットがそれ以降のクロールをやめてしまいページ内全てのテキストソースがインデックスされづらいという見解があり、それを踏まえたソース構築と内部SEOを売りにしたテンプレートが販売されSEO実績もあげているのです。

 

HTMLソースとSEOの関係

HTMLソースの文法を判定し点数と修正内容を教えてくれるサイトがあり、ここにURLを入力するとソースの判定をしてくれます。

 

Another HTML-lint gateway

 

検索エンジンがさきのW3Cの規定を踏まえているのは通説ですので、ハイクオリティのHTMLソースは、あきらかなSEO要因になりうるでしょう。

 

さらにいえば、基本的なHTMLマークアップを踏まえたうえで、重要タグへのSEOキーワードの適切な盛り込みはサイト内SEO対策には不可欠で、この実施にあたり、高得点ソースの準備は大前提となります。

 

ちなみに本サイトですが前出のHTMLサイト構築ツールと付属のテンプレートを使って作っています。なんと付属のテンプレートはさきのソース判定サイトで100点というのも強みでしょう。

 

今後はこういった流れが主流になっていき、間違えの無いHTML文法を踏まえたうえでのサイト内SEO対策は、決してないがしろにできないのは明白です。

 

中古ドメインの効果

若干裏技的な趣ではありますが、中古ドメインは特定の局面においては強力にSEOパワーを発揮するもので、これは私もいくつか実践してSEO対策のプロセスを一気に短縮することに成功しました。(いまご覧頂いているこのサイトも中古サブドメインです。)

 

レンタルサーバー系がもっている歴史の長いサブドメイン、さらには期限が切れたドメインの中古売買、中途取得です。現在ではその詳しいノウハウは開示され下記で情報を得ることができます。

 

ドメインパワーの活用法
中古ドメインのノウハウ
古いドメインの取得方法

 

中古ドメインが効く特定局面とは

さきの特定の局面とは、新規サイトの検索エンジンへの早期インデックス、短期間の上位表示です。

 

これは、すでに付いている被リンク元サイト経由でのクローラーの巡回が期待できますのでうまく成功した事例が多いです。このサイトも解説後2週間で全頁インデックスされ、指定キーワードのほどんどで3位以内に入っています。

 

今現在のヤフー検索エンジンはインデックスされづらい、上位表示されづらいといわれていますが、この方法によってこのサイトはYSTでも短期間で上位表示されています。下記のキーワードの検索規模は多くないですが、コアなニーズとして最適だと考えられ、現に様々な関連キーワードで本サイトへ到達する検索エンジンユーザーがとても多いです。

 

YST、1位キーワード
  • 2008.3.21にアップロード
  • 2008.3.29に1位
  • 2008.5.22現在の1位キーワード

IPアドレス SEO対策 YSTインデックス139万件
IPアドレス分散 SEO YSTインデックス23.4万件
IPアドレス分散 SEO対策 YSTインデックス21.7万件
IP分散 SEO YSTインデックス1.11万件

 

このように、複合キーワードやマイナーキーワードなどは中古ドメインは特に威力を発揮します。新商品アフィリエイトの場合、これは常套手段になっています。

 

検索エンジンへの対応策

さて、グーグルは転売ドメイン・中古ドメインのSEO効力は無効すると明言していますが、ヤフーにおいては効果が高い事例を第三者運営サイトでも多数確認しております。

 

私見ですが、すでに付いている被リンク元サイトが、ヤフーディレクトリに登録されている場合や、オーソリティとしてネットで認知(検索エンジンに認知)されているサイトからの被リンクは、ヤフーでは効果が高いというフシが多数見受けられます。

 

また、グーグルにおいては中古ドメインのページランクを、ページランク更新時に落とすことを意図的にやっているようですが、対応策としてはページランクが落ちる前に結構な量の新規被リンクを付けることです。

 

さらに、ページランクが落ちる前になんらかの発リンクを実施すれば、そのサイトからリンクを受けたサイトは上位表示されやすくなる、という事例も多数ありました。正直、このあたりは完全にリバースエンジニアリングなので活かし方は自己責任で、というところでしょう。

 

こういった領域については実際の検証データがものをいいますので、未検証かつ感情論に根ざした巷の意見に振り回せないよう、実際にやってみるのが得策です。

 

スーパーアフィリエイターのノウハウ

年収5千万レベルのアフィリエイターのノウハウを垣間見る機会はそうそうありませんが、この方のノウハウは多くの気づきを得られ大変な情報を公開してしまったものだとびっくりしました。

 

ビックキーワードとニッチキーワードでずっと上位表示させる方法

 

私がこのサイトで公開している仕組みもこのノウハウをかなり参考にしました。基本サイト、被リンク用サイト、効率的な展開方法、最先端の手法等、多くの気づきが得られコンサルティングの現場でも活かしています。

 

SEO対策は「得体の知れない裏技やトンデモナイ方法があるはずだ」と思われがちですが、実はクリーンな手法を効率的に拡充していく、これに尽きます。この基本を徹底的に実践しつくことで競合ひしめくビックキーワードでも上位表示される、いや、させてしまうというコンセプトの元、ノウハウが開示されています。

 

これには大変共感しました。世の中の情報はいかに無駄なものが多いか、思い知らされました。基本に忠実にあることで、この先も効果が上がるSEOを実践していけるのです。

 

また、人知れず最強とされてきたSEO対策の一つにオーソリティサイトからの被リンクがありますが、その効果の高さから、媒体保有し育てあげたり、リンクブローカーとして様々な手を尽くしてリンク元を確保する、というSEO業者の常套手段になっているのはあまり知られていません。しかしこのノウハウにはそのサワリが語られており、ビックキーワードで勝負するときの大変重要な気づきが得ら、その情報の価値は計り知れません。

 

超SEO対策−効率的な展開方法

様々なSEO対策のノウハウ、サイト量産の効率化、新たなキャッシュポイントの確保、基本サイトの確実な上位表示、これら様々なファクターを効率的に連結させ「超SEO」とも言うべきSEO戦略を最近企画し展開しはじめました。

 

投資対効果、費用対効果の向上が実現し、また短期〜長期的スパンで見た場合もその全てでかなりの効果を挙げることができます。

 

こちらのサイトで完全に有料レベルのノウハウを解説・公開していますので御一読いただけますと幸いです。

 

 

検索順位画面での注視点へ

 

 

広告と設置リンクをもっとも簡単に管理する方法とは?

 

ホントは教えたくなかった記事を最安値で外注する方法

 

万能サイト作成ツール最新版

全デバイス(PCサイト、スマホサイト、モバイルサイト)対応(上位版)

テンプレ多数、会社サイトからアフィリサイト、衛星サイトまで完全カバー!

被リンク自動獲得機能、ソーシャルブックマーク自動登録機能、リンク集自動登録機能が掲載(上位版)

使い勝手最高、使用法は無限大!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」