IPアドレス分散SEO対策の方法

SEO対策ツールの活用

ここでは私が実際に行ってきたIPアドレス分散SEO対策のコンセプト、具体的な実務について言及します。

 

本サイト構築の趣旨

情報サイト、アドセンスサイト、アフィリエイトサイト、被リンクサイトの構築とIPアドレスの分散に伴う順位変動および被リンク数の計測、収益実数の確保、再現性の検証。

 

1.SEO設定キーワード調査

    (2007年4月に更新停止)取得が難しい場合は下記ツールを使用。

    こちらも取得できない場合は下記を。

    ID取得後にログインして検索すると月間検索数が見れます。
    独自調査での実数なのかは不明。

    オーバーチュアデータのようですが詳細は不明。

 

補足

なにはなくともキーワード月間数と複合キーワードの取得です。興味があるキーワードを日々調査しデータをエクセルにおとしてデータベース化しておきます。

 

2.競合サイトのSEO調査

SEOレベルを精査する要因は多数ありますが、私が重要視しているのは、google上位10位サイトの「ヤフーでの被リンクの数」です。

 

基本的に、ヤフーでの上位表示は「ヤフーカテゴリー登録もしくはそのサイトからのリンク、オーソリティーサイトからのリンク、被リンク元サイトとのコンテンツマッチング(近接ジャンル)」を考慮しないと現在は上位表示はかなり難しいので、googleでの上位サイトのSEOレベルを調べ、グーグルで上位表示できるかの調査をします。

 

具体的には、ツールを使って吐き出されたデータの「YST重複無しの被リンク、上位10位の平均をわりだします。私の収集データは既に相当数ありまた実際に様々な帯域でのSEO検証データもあります。ちなみにこの数が150以内であればかなりの穴場、SEO難易度が低いということになります。

 

なお、ドメインエイジ、INDEXページ数も考慮すべきですが、ここでは初見データとして先のデータのみを考慮します。またこのデータだけでもSEOレベルを定量的に測定でき、指標として有意義なのは本サイトの実際のデータ内で提示している通りです。

 

このツールは、特定キーワードのyahoo、google両方の上位20位サイトまで調査可能なので使い勝手は抜群です。 下記ツールについている、競合分析ツールで自動取得できます。

 

恐らく、この方法でSEO競合レベルを精査し実施に上位表示に活かしている方はあまりいないでしょう。それだけ精度が高いです。現実にサイト構築時のキーワード選定に抜群の威力を発揮します。是非やってみてください。

 

ちなみに超ビックキーワードですと…

 

・不動産投資 703件
・キャッシング 626件
・レーシック 621件

 

などどなっており、さきのデータサンプルAの穴場キーワードですとこの数値は「144」です。実際に上位表示してみた時のこの数値を目安にすると、SEO難易度が具体的にわかってきます。

 

検索エンジン上位表示サイトの被リンク数調査ツール

 

 

3.HTMLサイト構築、ブログ/MT自動更新ツール

テストケース実施にあたり大活躍、被リンク効果が抜群な上に使い勝手が良いので人知れずSEO業者も利用しているツールです。

 

 

機能

  • HTMLサイトの構築
  • 無料ブログASPへの記事自動投稿
  • 独自設置したMTへの記事自動投稿

 

なお、このツールは設置がやさしいサーバーアップロード型プログラムです。

 

このソフトで、被リンク用のサイトを構築します。推奨されるブログASPに全て登録し余裕があれば安価なレンタルサーバーで独自ドメイン(もしくはデフォルトのサブドメイン)にてMTをインストールし、自動投稿し基本サイトへ発リンクしていきます。

 

自動記事作成投稿ツール

 

この最強ツールを無料で手に入れる方法はこちら

 

 

4.XHTMLサイト構築ツール

いまSEO業界でまことしやかに囁かれていることですが、XHTML+CSSソースでのウェブサイトの構築は検索エンジンに好まれやすいといわれており、HTMLソースに配慮したこれはSEO実績も多いようです。評判の良いこのテンプレートとは別に、今回、本サイト制作で大活躍したのがHTML自動構築ツール+100点ソースのテンプレートです。

 

付属のテンプレートとヘッダー画像はとにかく豊富で、左右のメニューと1,2,3カラムを内容によって自在に変えられます。既存のホームページ構築系のツールとは全く次元が異なり、その使いやすさはサイト構築の楽しさすら味わえます。

 

実はRSSファイル、sitemaps.xmlファイルも自動で生成され、かゆいところに手が届くとはまさしくこのことでしょう。これだけのコストパフォーマンスの高いツールは唯一無比というほどすべてのクオリティが高いです。

 

活用用途は、企業サイト、情報サイト、アフィリエイトサイト、アドセンスサイト、衛星サイトと、ほとんどのジャンルをカバーできます。

 

XHTML+CSSサイト量産ツール

 

 

5.検索変動、INDEX数、被リンク数の調査

様々な形態の保有サイト、競合サイトの任意キーワードでの順位変動を日常的に調査しグラフ化できます。これが無いとはじまりません。本サイト内検証データのグラフはこのツールをのものです。

 

サイトを新規構築時に登録しておけば、あとは日常的に順位を追跡してくれグラフ表示までしてくれるので、SEOの分析研究には必須のツールでしょう。様々な機能がありますが、特に重要な取得データとしては下記3つで十分ですのですぐに使いこなせます。

 

検索順位チェックツールで重要なデータ

  • google・yahooでの登録サイトの順位表示
  • google・yahooでの登録サイトのインデックス件数
  • google・yahooでの登録サイトの被リンク件数

 

検索順位をボタン一発で調査、記録。検索順位チェックツールGRC

 

 

SEO対策ノウハウへ

 

広告と設置リンクをもっとも簡単に管理する方法とは?

 

ホントは教えたくなかった記事を最安値で外注する方法

 

万能サイト作成ツール最新版

全デバイス(PCサイト、スマホサイト、モバイルサイト)対応(上位版)

テンプレ多数、会社サイトからアフィリサイト、衛星サイトまで完全カバー!

被リンク自動獲得機能、ソーシャルブックマーク自動登録機能、リンク集自動登録機能が掲載(上位版)

使い勝手最高、使用法は無限大!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」